ファイザー製薬のバイアグラの特許が2014年に満了

錠が28000円程度で発売

1回
ファイザー製薬のバイアグラの特許が2014年に満了され、日本の他の製薬会社が厚生労働省の承認を受けバイアグラを製造することができるようになりました。この薬は後発医薬品であるバイアグラのジェネリックなのに、先発医薬品と同じ成分のシルデナフィルであるため先発医薬品と効能が同じです。バイアグラという商標名はファイザー社ものなので大部分は‘シルディナフィルという名前で販売されていますが、各メーカーによって少しずつ違う名前で市販されています。

日本でのバイアグラは50mgが承認され100mgは承認されていないため、ジェネリックの場合も100mgは承認されていません。アメリカの場合はバイアグラ100mgも承認されており、ジェネリックの場合でも100mgの錠剤が製造・販売されています。

例えば、最初はこの世になかったシアリスを開発するには莫大な費用と多くの時間がかかり、また、その開発費は天文学的な金額が投資されましたが、シアリスジェネリック医薬品は開発費が全くかからないため、薬の製作費を削減することができリーズナブルな価格での販売が可能です。

ジェネリック薬は先発医薬品と同じ水準の安全性を維持しており、その効能も先発医薬品と違いがなくその上価格も安いため、一度使用した方は周りの人々にも良いとおすすめするそうです。

海外のジェネリック薬の中にはバイアグラやシアリスの成分であるタダラフィルに、早漏治療成分であるダポクセティンが添加され製造され薬、スポグラなどもあります。 1回の服用で早漏とedを一緒に治療または改善が可能です。オンラインで個人輸入代行を通して買うことも可能で、10錠が28000円程度で発売されています。